読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ駅ひとつ前

被災にゃんの一時預かり日記。幸せな家族の元に嫁ぐまで仮の宿を提供しています。

ぱるるの大脱走~(-。-;)

よく晴れた、昼下がり。まったりと平和な時間が流れます。

保護部屋放牧中のぱるるとの距離を縮めるため、おやつを持って保護部屋に上がるお世話係。

 

f:id:kerikeri:20131121164626j:plain

   将来は黒ヒョウなのにゃ!!

     (写真は本文と関係ありません)

 

ぱるるは元気に暴れまわり中~。保護部屋にお世話係が入ったところで、おやつにつられたそらが入りたそうに入口のところに、佇んでいました。

「そらも入る?」と扉を少しだけ開けるお世話係。

開いた扉の隙間に入ってくるそら。

そこへ、るんたった、するりん、とぱるるがそらに挨拶に来ました。

 

f:id:kerikeri:20131121164930j:plain

   ちょっと休憩~~

   (写真は本文と関係ありません)

 

あわわ、と慌てるお世話係。が、しかし時すでに遅く、ぱるるの身体はそらと扉の間を通って、保護部屋の外へ!

ぱるる、戻ろ~。」と懇願するお世話係のいうことなど聞くわけがなく、脱兎のごとく走り出したぱるる

 

f:id:kerikeri:20131121165249j:plain

   からの、ころりん~

    (写真は本文と関係ありません)

 

保護部屋はロフトで、我が家はテラスハウス。保護部屋は一番上です。

ぱるるの黒いしっぽが階段をだだだだっと降りていくのを目に留めながら追いかけます。ぱるるはついに一階に到達。一階には和室があって、そこにもタワーとケージが置いてあります。和室に逃げ込むぱるる。タワーをだだだっと登って・・・・

 

f:id:kerikeri:20131121165740j:plain

    しょ~!っとなっ

     (写真は本文と関係ありません)

 

行き場を失って、かつてみやびんが逃げ込んだハンモックへ・・・

雅の手助けかな?ぱるる、そこで止まってくれて、無事確保。そのまま抱っこし、保護部屋まで戻すことが出来ました。C= (-。- )

保護部屋にぱるるを連れ戻した後、頭に浮かぶのは ♪3歩進んで、2歩下がる~♪・・・(笑)

ポケットに入れておいたおやつで仲直りタイム。どうやら、ぽけぽけぱるるは脱走が怖いというより、楽しかったみたいで、全然大丈夫でした・・・

 

f:id:kerikeri:20131121170339j:plain

    ボクはやるのにゃっ!!

 

おやつの後はケージで撫で撫でタイム。のどをぐるぐる鳴らして、おなかまで撫でさせてくれましたとさ。よかった~(⌒-⌒)

 

 

f:id:kerikeri:20131121170655g:plain

  お世話係もつかれたよ。

大冒険をしたぱるるにポチっとお願いします<(_ _)>