読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ駅ひとつ前

被災にゃんの一時預かり日記。幸せな家族の元に嫁ぐまで仮の宿を提供しています。

落ち着け、私!

昨日の記事で雅ちゃんだけ通常営業、と書いたのですが大きな間違いでした。

繊細でびびりんぼうの雅ちゃんが、そんなわけなかったのです。

今朝3時ごろ、トイレに行ったのがわかったので、確認に行くと、最後の方がきれいなう〇ちで最初の方がやわやわ・・・・

前日はシマとパンチをしあう前にう〇ちをしていて・・・特にいつもと違うものを食べた訳ではなく。ということは、多分に原因は私な訳で。

 

夜に仕事から帰宅したときは普通に戻っていたつもりだったんだけど。私は割と一定のペースでいる事の方が多く、特に猫ズの前ではデレデレモードが基本で。

でも、一昨日は自分でも纏う雰囲気が一変したのが自覚できていました。

みやびんも、みわもそらも、みんな可愛いけど、シマはどこか特別で。クレアチンの値が高かったこともひっかかり、昨晩は一睡も出来ず・・・・なのでみやびんの朝3時のう〇ちに気付いたのですが。

雅のう〇ちの異変に気づき、慌てて朝いちばんで病院に行こうとしてました。

寝れず、ネットで調べものをしていてひっかかったのが獣医師永田高司さんが書いた「もしかして人間も  犬や猫を元気に楽しく長生きさせる秘訣とは」でした。

賛否両論ある意見でしょうし、私がここまで貫けるかといえば自信はありませんが、ふっと自分を落ち着けることが出来ました。

 

もともと、薬の多用には抵抗があり、必ず副作用があることは実体験で承知済み。

西洋医学の限界も、生命には時間の期限があることも十分承知していたのですが、自分で思っていたより、ちょっとパニクッていたようです。シマも雅も毛の艶もよく、食欲もあり、目もキラキラしています。気が向いたら走り回り、おもちゃで遊び、甘え、おしっこもう〇ちもちゃんと出ています。(やわやわですが・・・)(笑)

落ち着いて数日様子をみて、雅の軟便が変わらないようであれば病院に連れて行くことにしました。あ、もちろん状況が悪化するような場合は迷わず駆け込みます。

f:id:kerikeri:20130602014305j:plain

 

ふふふ。まんまる(⌒~⌒)

f:id:kerikeri:20130602014318j:plain

 

いい夢見てるのかな????

 

反省、反省です。ここ最近忙しくて、猫ズと触れ合う時間が減っていたことも反省。

にゃんずのかわいい眠りの為にも、落ち着いて頑張るのです!(⌒~⌒)