読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ駅ひとつ前

被災にゃんの一時預かり日記。幸せな家族の元に嫁ぐまで仮の宿を提供しています。

目薬の時間

ふつう、猫飼いにとって、投薬や目薬の時間というのは、なかなかに知恵と工夫が必要で、猫さんとの戦いの時間になることが多いのですが・・・

 

ぱるるの場合、ご褒美のおやつもいらないかも・・・

目薬を差すために抱っこします。

f:id:kerikeri:20131208165342j:plain

 これは、お目目に何かが入ってくる時間にゃ・・・

 

そして目薬をさします。目薬は2種類出ていて、1種類をさしたら、次の目薬迄は5分あけるのが理想なのです。でも、猫さんは目薬を嫌がるので、その場合は続けてさしちゃってください、と獣医師さんにも言われているのですが・・・

 

最初の目薬をさした後、抱っこの体制を変えて・・・

f:id:kerikeri:20131208165754j:plain

 気持ちいいにゃ~・・・・

 

このまま、手やら肉球やら、首元やらお腹やらをなでなでしながら5分待ちます。

ぱるるはず~っとゴロゴロ、ゴロゴロ言っております。

5分後、もう1種類の目薬をさしたら・・・

f:id:kerikeri:20131208165940j:plain

  す~、す~・・・・

 

って、寝ちゃうのです・・・

暖かいぱるるの体温を感じながら、お世話係もうとうと・・・

f:id:kerikeri:20131208170035j:plain

   くか~・・・・

 

という訳で、阿鼻叫喚の可能性もある目薬の時間が、いちゃいちゃの時間になってしまうぱるる君なのでした~♪

問題はお世話係がなかなか次の用事に立てない事で・・・

その場合は、おやつを鼻に近づけます。そうするともぞもぞ起きだして、おやつを食べた後、みく姉さんを襲いに行ってくれます(笑)

なんていい子なんだ~(⌒-⌒)

 

注意::ボロボロのお世話係の部屋着はスルーする事!これ重要です(笑)

 

f:id:kerikeri:20131208170628g:plain

いい子のぱるるにぽちっとお願いしますm(_ _"m)